女性育毛レシピへようこそ!あなたの薄毛・抜け毛の悩み解消します。

  • 恐怖!排水溝にビッシリ…こんなに抜けてホント大丈夫?
  • え!分け目ヤバくない?これってもしかして…
  • 歳とともに髪が細くなってきた!ボリュームでないし一気に老けて見える…
  • 他人の視線が気になる…人と会ったり外出するのも億劫に
  • ストレス抜け毛…今度は薄毛そのものがストレスになってさらに悪循環

 

薄毛・抜け毛でこんなに悩んでるのってワタシだけかも…と思ったら大間違い!

今や「薄毛=男性の悩み」ではありません。

年齢層によっても異なりますが、だいたい女性でも10人に1人の割合で薄毛で悩んでいるといわれているんです。

当サイトの使い方

当サイトでは、原因・症状別に見合った薄毛改善レシピを掲載しています。

あなたのシチュエーションに合わせて原因をや薄毛メカニズムを解説し、解消に役立つ最適なアイテムもまとめてセットでご紹介しています。

原因が違えば対策も変わってくるように、間違ったアプローチを続けたところであまり効果は期待できません。

まずは自分の今の状況を把握し、正しい方法でケアを始めましょう。

 

あなたの髪の悩みはどれですか?

加齢による薄毛 若返りボリュームアップレシピ
歳とともに細くなった髪の毛、ボリュームのない髪、透けてきた頭皮を改善して、若々しく美しい髪を取りもどしたいあなたへ。

産後の抜け毛 ママさん元通りレシピ
女性ホルモン(エストロゲン)の乱れによって起こる出産後のひどい抜け毛、薄毛で悩んでいるママさんへ。

若年性の薄毛 20代のための薄毛改善レシピ
まだ若いのに周りと比べて明らかに自分だけ髪が薄い、ボリュームがないと悩んでいるあなたへ。

加齢による髪の痛み、バシバシ感 若返りさらツヤレシピ
年齢とともに傷んできた髪をまるでなかったかのように!-10歳の美髪でライバルと差をつけたいあなたへ。

↑デザイナーにアイコン作ってもらう

年々増えている女性の薄毛、その実状とは?

驚きの調査結果が!
大正製薬が2005年に30~50代の女性1000人を対象に行った調査では、抜け毛の増加やボリュームダウン、分け目が気になるなど何らかの薄毛を気にしている人の割合は57.3%という結果がでています。
さらに化粧品メーカーである株式会社ハーバー研究所の調査によると、薄毛に悩む女性の割合は60歳以上ではなんと70.9%、20代前半でも64.1%に上るという驚きの調査結果が発表されています。

▼女性の薄毛に関する調査詳細まとめはこちら

薄毛に悩む女性のなかには、頭皮マッサージをしたり育毛サロンに通ったりする人も少なくないですが、実はこれらは科学的根拠に乏しく、実際には期待するような効果はほとんど得られません。

また、スタイリング剤で上手くボリュームや艶があるように見せたり、ウィッグをつけて覆い隠すことはできるものの、これらは根本的な悩みの解決にはならないうえに、余計に薄毛や抜け毛をひどくしてしまう恐れもあります。

デリケートな問題なので、なかなか気軽に周りに相談することもできず一人で問題を抱え込んだまま、自分に対する自信を持てなくなっていく…。

女性の薄毛原因は、更年期や出産によって女性ホルモンであるエストロゲンが減少すること、過度なダイエットやストレス、不健康な生活習慣などさまざまですが、薄毛は加齢とともに進行するのが一般的です。

いつまでも若々しく美しくありたい!というのは女性なら誰もが思うところ。

でも、お肌やボディラインなどは一生懸命努力する女性が多いのに対して、髪に関しては結局「歳には勝てない」と簡単に諦めてしまう人が多いのが実情です。

でももう大丈夫!
あきらめずに本気で薄毛と向き合い、原因をしっかりと見極めながら正しい対策さえすれば、きっと見違えるほど若々しく美しい髪を取り戻すことができます。
それに、女性の薄毛は男性の薄毛よりも回復する可能性が非常に高いのも特徴の一つです。今からでも決して遅くはありません!

 

 

女性の薄毛症状は大きく分けて8つ!

FAGA(女性男性型脱毛症)

薄毛に悩む女性のおよそ半数がこのFAGA(女性男性型脱毛症)と言われていて、生え際から頭頂部にかけて抜け毛が増え、髪が軟毛化しながら薄くなってきます。主に40代を過ぎたころから加齢とともに発症し始めるケースが多いです。

▼詳しくはこちら

慢性休止期脱毛症

頭の髪の毛が全体的に薄くなってくる女性特有の症状です。FAGAとは違って軟毛化しないまま抜け毛が増えたり、頭皮が透けて見えるように薄くなってきます。

▼詳しくはこちら

びまん性脱毛症

髪の密度が薄くなってボリュームダウンしたり頭皮が透けてきたりします。よくFAGAや慢性休止期脱毛症もこのびまん性脱毛症として一括りに言われますが、軟毛化していない若年性の脱毛症もこちらに分類されます。

▼詳しくはこちら

分娩後脱毛症

女性特有の脱毛症で、赤ちゃんを産んだママさんが出産後2~3ヶ月以内に起こりやすい脱毛症です。個人差はあれど出産後のひどい抜け毛はたいていこれです。

▼詳しくはこちら

脂漏性脱毛症

頭皮に痒みや痛みがあったり、フケが多くみられる場合はこの脂漏性脱毛症の可能性が高いです。頭皮の皮脂バランスが大きく関係しています。

▼詳しくはこちら

牽引性・圧迫性脱毛症

ポニーテールなど髪を結ぶヘアスタイルやウィッグなど、髪を強く引っ張ることで毛幹が壊れたりして起こる脱毛症です。髪の分け目がずっと一定で起こるケースもあります。

▼詳しくはこちら

円形脱毛症

いわゆる”10円ハゲ”がこの円形脱毛症にあたります。症状によってさらにいくつかの種類に分類され、症状の出方にも個人差があるのが特徴です。

▼詳しくはこちら

薬剤性脱毛症

主にがん治療に用いられる抗がん剤の副作用によって起こる脱毛症です。髪の毛だけでなく、眉毛やまつ毛にまで及びます。

▼詳しくはこちら

アイテム別おすすめランキング

薄毛改善に大切な役立つアイテムとして、シャンプー、育毛剤、サプリメント、そして最後の選択肢として薄毛治療クリニックが挙げられます。

シチュエーション別レシピではこれらのアイテムの最適な組み合わせをセットでご提案していますが、ここでは探している育毛アイテムの中からピンポイントで探すことができます。
あなたがお探しのアイテムはどれ?
基本中の基本!女性用育毛シャンプーランキング

効果倍増!女性用育毛剤ランキング

内側からもアプローチ!育毛サプリメントランキング

最後の砦!薄毛治療クリニックランキング

年齢別育毛ケア特集

 

↑アイコンを外注に作成してもらう

原因・症状別 コンテンツ特集

 

加齢による薄毛 産後の抜け毛、薄毛
項目1 項目2

 

若年性の薄毛 FAGA(女性男性型脱毛症)
項目1 項目2

 

びまん性脱毛症 円形脱毛症
項目1 項目2

 

牽引性脱毛症 髪がバシバシ
項目1 項目2

 

軟毛・細毛 ダイエットによる薄毛
項目1 項目2

 

敏感肌・アレルギー 前髪の薄毛
項目1 項目2

 

頭頂部の薄毛 側頭部の薄毛
項目1 項目2

 

分け目の広がり 白髪の悩み
項目1 項目2

 

ウィッグ・かつら 病院での薄毛治療
項目1 項目2

↑アイコンを外注に作成してもらう

オリジナルコンテンツ

おすすめ試供品特集

動画コンテンツ

髪の毛に良い食べ物、悪い食べ物特集

よくある勘違い!女性の薄毛の間違いあるある15選

コメントは受け付けていません。